弁護士等紹介 ≫ 柊木野一紀弁護士

Attorneys' Profiles

パートナー

柊木野一紀弁護士

経歴

1998年 早稲田大学法学部卒業
2001年 司法試験合格
2003年 司法修習終了(56期)
弁護士登録(第一東京弁護士会)
石嵜信憲法律事務所入所
2012年9月 ヴァイスパートナー就任
2015年1月 パートナー就任
柊木野一紀弁護士

公的活動等

2014年4月 (公財)暴力団追放運動推進都民センター 暴力追放相談委員(〜2016年3月)
2016年4月 (公財)暴力団追放運動推進都民センター 不当要求防止責任者講習 講師(〜2019年3月)
2017年4月 第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会副委員長(〜2019年3月)
2019年4月 第一東京弁護士会 副会長

著書・論文等

「過重労働防止に向けた環境整備 - 労働時間管理を中心に」 (『労働経済判例速報』2327号・2017年12月)
『内部通報・内部告発対応実務マニュアル』 (民事法研究会・2017年・共著)
『Q&A人事労務規程変更マニュアル』 (新日本法規・加除式・共著)
『Q&A 従業員・役員からの暴力団排除』 (商事法務・2016年・共著)
『暴力団の介入を防止するために』 (東京法令出版・2015年・共著)
個別労働紛争解決の法律実務』 (中央経済社・2011年・共著)
労働契約解消の法律実務〈第2版〉』 (中央経済社・2011年・共著)
「反社会的勢力の認定と立証ー暴排条項該当性の実務的判断ー」 (『金融法務事情』1884号・2009年12月)
管理職活用の法律実務』 (中央経済社・2009年・共著)
新改訂 人事労務の法律と実務』 (厚有出版・2008年・共著)
立法プロセスから読み解く労働契約法』 (中央経済社・2008年・共著)
『法務リスク管理ガイドブック』 (民事法研究会・2011年・共著)
『金融実務と反社会的勢力対応100講』 (金融財政事情研究会・2010年・共著)
『公益通報者保護法と企業法務』 (民事法研究会・2006年・共著)
『反社会勢力からの企業防衛』 (日経BP社・2006年・共著)
『民事介入暴力の法律相談』 (学陽書房・2005年・共著)
「反社会的勢力との取引規制指針と銀行の内部体制構築」 (『ファイナンシャルコンプライアンス』2008年4月号・共著)
「職場のトラブル解決ガイド」 (『ビジネス法務』2006年6月号)
▼ More

セミナー

「公務災害と安全配慮義務に関する法律、メンタルヘルス、問題ある職員への対応」
(日本経営協会主催)※自治体向けセミナー
「メンタルヘルスケアをめぐる法律問題と職員への対応」(日本経営協会主催)
「問題ある職員への懲戒処分・分限処分の法律実務」(日本経営協会主催)
「研修担当者必須の法律実務講座」(日本経営協会主催)
「職員研修をめぐる実務と法律講座」(日本経営協会主催)
※自治体向けセミナー
「職場のメンタルヘルス対応セミナー」(日本経営協会主催)
※自治体向けセミナー
「病院職員のメンタルヘルス対応セミナー」(日本経営協会主催)
※医療法人向けセミナー
「社員教育をめぐる法律上の取扱い実務」(日本経営協会主催)
「懲戒権行使の法律実務」(企業研究会主催)
「地方公務員人事管理研究会」(日本経営協会主催)
「問題社員、セクハラ・パワハラをめぐる法律と実務対応策」 (日本経営協会主催)
「問題社員の懲戒・賃下げ・配転・解雇をめぐる法律」(日本経営協会主催)
「労働契約解消の法律実務」(企業研究会主催)
▼ More

Message

人事労務の分野では、日常的な民間企業・公営企業からのご相談の他、解雇、就業規則変更、労災等の紛争案件を多く手がけております。また、第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会に加入しており、不当要求や取引関係の遮断等、幅広く新しい分野にも積極的に取り組んでいきたいと考えております。

PrivacyPolicy SiteMap

©Copyright 2011 ISHIZAKI & YAMANAKA All rights reserved.